高度成長期

制服

現在のような風俗、ソープ、デリヘルやホテヘルのような制度が出来だしたのはまさしく赤線地帯あたりからとなっています。
当時は戦後~高度経済成長期の時代でした。
元々はアメリカの兵士達へ向けての売春宿として登場したのが始まりでした。
売春宿の設立がなぜ起きたのかと言うと、日本にいるアメリカ兵が一般市民に手をだし、レイプ被害が急増する事を恐れ防ぐ為だったと言われています。
売春宿があったにもかかわらず、実際に襲われた女性もおりました。
現在の沖縄でもレイプ被害が起こる事があるくらいです。当時は売春宿を国が認めて作らなければいけない程に荒れていたと言われています。...

Read More

歴史

水着

江戸時代に城下町に存在していた遊郭がまさしく今の風俗の原型です。
遊郭があった頃には、まだ現代のようにコンドームや避妊薬のピル、そして堕胎する為の医療技術はありません。
その為に、当時は強制的に子供を堕ろす事が日常茶飯事であり、堕胎のし過ぎで不妊症になってからが遊女としては一人前だと言われていたのです。

戦後の日本には赤線地帯と言う国が売春を認めている地帯が存在していました。
現在の倫理観からは考えられないような事ですが、これは戦後の混乱にまぎれて人身売買や借金を背負わせる事によって奴隷商売が発展しないようにする為の対策だったと言われています。...

Read More